ダイエットや健康のため健康食品のニーズが高まっている

ストレスからの救世主

うつ病に効果のある栄養素

体重計

現代はストレス社会と呼ばれており、うつ病になる人が増えてきています。精神的な病は原因を解決させることで治ることがありますが、治るまででも精神的な負担を支えるための体もエネルギーを消費してしまうもので、脳にも栄養を与えなければなりません。最近ではオメガ3脂肪酸という成分が知られてくるようになり、その成分はうつ病に効果があるとも言われているのです。なぜ、うつ病が増えているのか、もちろんストレスがたまりやすい時代となってきていることもありますが、昔は日本人は魚をよく食べていたのです。魚にもオメガ3脂肪酸と同じ成分となるEPAやDHAが含まれていたのですが、最近では魚よりも肉を多く食べる人が増え、オメガ3脂肪酸を摂取しにくくなってきていることもあるので、今では注目されてきていたりもするのです。

栄養を摂取して脳を回復

たとえ、うつ病になっていなくてもストレスで精神的に負担を感じているのであれば、オメガ3脂肪酸が含まれるものを摂取していくことで、脳に栄養を与えることができるようになります。オメガ3脂肪酸が含まれるものとしてでは、魚類のほか、亜麻仁油、えごま油、しそ油、クルミ、アーモンドやアーモンドオイルなどがあります。それらをそのまま摂取することで栄養価の高い成分を体に入れることができ、疲れた脳のエネルギーを回復させていくことができます。亜麻仁油などの油類も実はそのまま摂取することで栄養成分を取り入れることができ、スプーン1杯を口にすることで健康にも美容にも良い効果を体の中から引き出してくれるようになります。